45歳定年制がニュースに

  • 2021年10月18日
  • 2021年10月18日
  • 定年制
  • 1view

サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、副代表幹事を務める経済同友会の夏季セミナーで「45歳定年制」を導入すべきだと提言し、SNSなどで話題を集めました。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/538c852d22a539e7759c7370d133cefdd18d0fb6

実は、定年は、法律で、65歳以上に設定、もしくは、定年制を撤廃すること、と決められています。
ですから、こういった公の場では、45歳定年制ではなく、「法改正すべき」という議題を提唱することから始めるべきだったと思います。

定年について、他国の例を見てみましょう。

アメリカでは、定年は、年齢による差別として捉えられており、基本的に定年がありません。年金制度とのリンクもなく、自分で、定年というか、引退を決められます。

アメリカの雇用における年齢制限禁止法について
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000z03u-att/2r9852000000z0c0.pdf

ドイツ、フランスでは、日本と同じように、定年制と年金支給開始年齢がリンクしています。

詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。
主要国国家公務員の定年制、年金制、退職給付額比較(役職別)(試算)
https://www.jinji.go.jp/kenkyukai/koureikikenkyukai/h20_13/siryou/betten_06.pdf

日本では、今後、定年を引き上げることを法で定められており、企業や組織への負担が大きくなっています。冒頭の新浪社長の発言は、負担への危惧が大きいせいもあるでしょう。

いずれにせよ、100歳まで長生きすることを視野に入れて、働くことをしていないと、豊かな生活は送れません。50歳以上に特化したキャリア・カウンセリングをしています。早期退職に応募するか、転職を考えている方は、読むだけでも参考になりますから、ご覧くださいね。

『50歳からの人生を再構築するキャリア・カウンセリング』https://jipcc.or.jp/50saikara/

50歳からの人生を再構築するキャリア・カウンセリング
最新情報をチェックしよう!

定年制の最新記事8件

 data-src=長い人生だから自分らしい仕事をしたい" width="1280" height="768" >

長い人生だから自分らしい仕事をしたい

多くのキャリア相談の方が仰る「自分らしい仕事をしたい」
人生100年時代だからこそ、生きがいとなる仕事をみなさん探されていらっしゃいます。読むと一歩を踏み出せるように、前向きな記事を載せていきます。

CTR IMG